お知らせ

コンパネって言わないで下さい!

2019年7月2日

建築業界あるある・・だと昔から個人的に思っている事です。

大工さんや現場の方より

コンパネ持ってきてくれゃ〜

屋根のコンパネ頼むわ〜」 って

お電話がよくありますが コンパネって

コンクリートパネル(型枠用合板)の事なので コンクリート型枠を作る時しか用事ない

合板のハズなんですね。(主に12ミリ×900×1800)😅

     合板 イコール コンパネ・・・って。😅😅

今から25年〜30年くらい前でしょうか

まだホルムアルデヒドの規制がなかった頃

住宅の屋根下地でも床下地でも壁下地でも

なんでもコンパネを代用した(できた)

時代が確かにありました。

その後、カラ松なんかを使った針葉樹合板や 910×1820ミリの尺モジュールに

対応したラワン構造用合板(ホームベース)なんて商品が普及したのですが

建築物の下地にコンパネを使用していた

歴史が永すぎたせい?か

合板 イコール コンパネ

に染まっちゃったんですね。

12ミリのラワン合板をコンパネって言ってしまうのは なんとなく気持ちはわかりますが

針葉樹合板や他の厚みの合板を

「コンパネ」って言うのをそろそろやめませんか?😐